【METライブビューイング】 ヴェルディ:「イル・トロヴァトーレ」(Part2)

画像



2015年10月31日(土)午前10時開演
福岡中州大洋映画劇場
【MET上演日:2015年10月3日】

<出 演>
マンリーコ.................ヨンフン・リー
レオノーラ.................アンナ・ネトレプコ
ルーナ伯爵...........ディミトリ・ホヴォロストフスキー
アズチェーナ.................ドローラ・ザジック
フェルランド................ステファン・コツァン
Ines....................Maria Zifchak
Ruiz....................Raul Melo
Messenger...............David Lowe
Gypsy...................Edward Albert

<指 揮>
マルコ・アルミリアート

<演 出>
デイヴィッド・マクヴィカー


Part1から続きます。


■インターミッション
血まみれのままDimaがインタビューに
ホスト役のグラハムに “Want to kiss me?” と言ってキスしようとしたりして、やっぱり普段のインタビューより若干興奮状態に見えます。

グラハムはDimaの肩に終始手を置いて、時折ポンポンと叩いたりしてまるでママのよう♪
病気のことを訊くのでもなく、役作りのことを訊くのでもなく、闘病中を支えてくれた家族とファンへのメッセージを引き出すことのみに集中していました。

他の共演者と合同ではなく、Dima1人のインタビュー。
わずか1分ほどの短いものではありましたが、彼の気持ちが十分伝わる素晴らしいインタビューでした。

モスクワのご両親に向けて、「パパ、ママ!」と呼びかけるDimaは本当に少年のようで、こういうギャップも彼のたまらない魅力です

続いてヨン様とザジックのインタビュー。

ヨン様はMETデビュー5年目にして初のHD出演とのこと!
同じアジア人として誇らしい気持ちになるし、応援していきたい人なのでもう少し話を聞きたかったけど、あんまり喋らせてもらえなくて残念。

アンナちゃんのインタビュー。

今回はなんと!一人息子のティアゴくんも一緒に登場♪
あら~、お父さんにそっくりになってきちゃって・・・・複雑・・・・。

さすが男の子・・・。
落ち着きがなく、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、「ママ、ママ!」と話しかけてきたりして、何度もアンナちゃんに「シーッ!」って言われてました

ティアゴくんが強烈すぎてインタビューの内容覚えてないわ

あ、そうそう。アンナちゃんのインタビュー中に変なお兄さん方が乱入してきたっけ

画像


やっぱDima、テンション上がってるわ・・・(-_-;)

■第3幕
ルーナ伯爵が階段上の扉から登場。
ドアを手で閉めたつもりがふわ~っと開いてしまう。
それに気づいてDimaはもう一度閉めるんだけど、また閉まらず。

どうでもいいことなんだけど、これツボでしたわ
子供の時、「開けたらきちんと閉めなさい」って言われてたのかな~。
お育ちが出てる!?(笑)

画像


ここで伯爵の上着の扱いが前回と違うことに注目。
ちょっとまとめてみると・・・。

第1幕: 2011年⇒コートを着たままチャンバラまでこなす。今回⇒チャンバラシーンでコートを脱ぐ。
第2幕: 前回も今回も上着着用。
第3幕: 2011年⇒上着着用。今回⇒上着なし。
第4幕/レオノーラとの二重唱: 2011年は上着なし。今回は上着着用。
第4幕/フィナーレ: 2011年⇒上着なし。今回⇒上着着用。

ヘアスタイルも前回と全く違います。
前回はベルばらのような巻髪カールが素敵だったけど、今回はきりっとまとめて貴族っぽく、これはこれでまた素敵

ドレスリハと初日では3,4幕で髪をおろしてたそうだけど、2日目からは髪をずっとまとめたままだったとのこと。

ところでこの3幕。
一緒に見に行ったお友達も言ってたんだけど、アズチェーナの取り調べをしてるところで、伯爵が娼婦のおねえさんとイチャイチャしているのがなんか嫌だった

画像


前回も退場する時にちょっとそういうシーンあったけど、基本、伯爵は衛兵たちと距離を置いて、1人でクールにしてる印象だったのにー。
特に今回の伯爵では、そういう俗っぽい面を見せてほしくなかったかも・・・。

でも!
私はこの3幕の最後のアンサンブルで聴こえてくるDimaの声が大好き!
この低音のまろやかさ、色気はほかのバリトンじゃ出せない!
今回、ここのDimaの声をマイクがしっかり拾ってくれていて嬉しかった♪
ここを聴く度にゾクゾクしてる、変なヤツです

続いてはヨン様オンステージ。

今回共演者がビッグネームばかりで、どうしても後れをとってしまう感があるし、アジア人というハンディもあるんだけど、私は思っていたよりも健闘していたと思います。

画像


一生懸命になると顔が寛平ちゃんみたいになっちゃうし、演技のパターンも少ないけど、やっぱり歌唱は立派なもの。
"Ah si, ben mio"と"Di quella pira"という、2つの対照的なアリアとカヴァレッタも聴き応え十分でした。

ところで先ほど伯爵の上着の扱いについて書きましたけど、衣装と言えばレオノーラの衣装。
前回のソンドラねえさんとはずいぶん違う、豪華なものになってましたね~。

これはアンナちゃんのために作り直されたそうですが、やっぱり2月にレオノーラを歌うミードちゃん(アンジェラ・ミード)の時には元に戻しちゃうんでしょうか


■第4幕
続いてはアンナちゃんオンステージ。

画像


やっぱりアンナちゃんの声は耳に優しい♪
"D'amor sull'ali rosee"も美しかったけど、Miserereのド迫力のほうが印象に残りました。
マクベス夫人みたいだったけど

牢の格子(?)をよじ登ってたけど・・・・登りすぎ!(笑)
格子めっちゃ揺れてたし、衣装は長いし、はたして降りてこれるのか!?と心配になるほどだったけど、問題なくすいすいと降りてきた

お待ちかね、伯爵とレオノーラの二重唱。

画像


これ、ドレスリハの映像を見た時は、今回は荒くれ伯爵か!?て思ったんだけど、HDの伯爵は全然そんなことなかった。
前回みたいにねちねちしてないし、不敵な笑みもないし、ずっと紳士的で素敵だった

伯爵が看守にマンリーコの解放を伝えるところ、後ろ向いてるんだけど、水をもらって飲んでるところがしっかり映ってました

アンナちゃんとDimaががっぷり組むのはこのシーンのみだけど、心配していたほど相性は悪くなかったと思います。
いつもDimaとアンナちゃんって演技の方向性が違うのか、2人で歌うとかみ合わない感じがしてたんだけど、今回は今までで1番しっくりきました。

ドレスリハの映像では最後、レオノーラのほうから伯爵にぶちゅ~ってキスしていたので、ストーリー上それはあかんやろ~とツッコんでいたところ、HDではDimaのほうからキスしてた~!(≧∇≦)

こっちのほうが納得だよね♪
でも、Dimaが舞台でキスすることってあんまりないように思う。
いつもしてるふりだけだったり、寸止めだったり。
しかも、今回は長かったし!

退場する時も、前回はニヤニヤしてたけど今回は怖い顔してアンナちゃんを強引に引っ張ってた。
いや~、前回もカッコいい~!って思ったんだけど、今回の伯爵のほうが気品があって素敵かも!

しかしDima。
改めて思ったけど、この人は本当に色気がある。
セクシーとも言えるんだろうけど、ちょっと違うような気もする。
色気ムンムンのセクシーさとは全く違って、品があって度を越さない、ほのかに香る色気っていうのかなぁ。

この色気が舞台上で声や所作、そして雰囲気にも表れていて、それが多くの人を惹きつけているのかもしれません。

ラストシーン、伯爵が「マンリーコは自分の弟」だと聞かされ、目をむいて驚く表情には惹きつけられました。
対照的に、死んでしまったレオノーラの側に駆け寄り、呆然として複雑な表情を見せたのも印象的。
後ろでアズチェーナが泣き笑いしてるのが見えて効果的。
いや~、ザジックのアズチェーナはホントすごいわ・・・!

■カーテンコールなど
当然のことながらDimaにはスタンディングオベーションが起こりました。
本当に3日間よくやったと思う。

この公演に出るのは無謀じゃないかと思っていたけど、これだけのパフォーマンスを披露してくれて、これだけの喝采を浴びてるのを見たら、チャレンジして本当に良かったと思えるようになりました。

まだ辛い治療が続くそうですが、ここで舞台に立って、ファンや仲間がどれだけ自分のことを待っていてくれたのかを肌身で感じたことが、これからの治療のモチベーションになることでしょう!

指揮のマルコがDimaを後ろから押して舞台の前へ。
恒例となったオケピからの白バラ攻撃!(笑)

初日のカテコでは「え?何?」と怪訝そうな顔を見せていたDimaですが、さすがにこの日は3回目。
「おいおい、またかよ~。」って感じで笑顔を見せていました。

オケ団員から花が飛ぶってすごいことだよね!
Dimaがみんなから愛されてるのがわかり、グッとくる瞬間です。

今回の上映は幕が閉まった後にもサービスショットが・・・・!
舞台上で出演者や関係者が健闘を称え合う姿が映ります。

色んな人とハグするDima。
そんな中、やっぱりマルコとのハグが一番心にきました。
彼は初日のカテコでも、Dimaのことを温かく抱きしめていて、彼の人柄の良さを強く感じました。

この復帰公演、いろんないい条件がそろっていました。
歌い慣れた作品、プロダクション、オペラハウス、そして気心の知れた共演者たち。
そして、この記念すべき公演がHDになったこと!

筋書きがあったんじゃないかと思うほど、完璧な条件だったと思います。
何よりMETのスタッフ、観客の温かい歓迎ぶりは特に心に残りました。

Dima、本当にお疲れ様!最高だったよ!
しばらくゆっくり休んでね・・・と言いたいところですが、復帰してから精力的に働いたはりますわ



"【METライブビューイング】 ヴェルディ:「イル・トロヴァトーレ」(Part2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント