Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年観たもの。。。2016

<<   作成日時 : 2016/12/28 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

今年観に行ったステージは6本。

年々、生の舞台に接することが少なくなってきました。
たくさん観に行ける人が羨ましいと思う反面、自分が心から観たいと思う公演が少なくなってきたので、このぐらいのペースでいいのかなぁ・・・とも思ったりしています。

まず2016年1発目は、3月に名古屋まで行ったアンナ・ネトレプコ スペシャルコンサート

なかなか生でアンナちゃんの声を聴く機会がなかったので、思い切って名古屋まで行ってきました。
おまけで旦那様のエイヴァゾフもついてきましたが、おかげで二重唱も聴けましたし、彼も悪いテナーではなかったので(もうちょっと個性がほしいけど・・・)楽しい時間が過ごせました。

6月にはウィーンへ初の一人旅。
ウィーン国立歌劇場「シモン・ボッカネグラ」(レポの続きはこちら⇒)を観てきました。

この公演はネットでのライブ中継もありました。
4年前にほぼ同じキャストを同じウィーンで観ているのですが、その時の感動が大きかったのと、今回はアメリアがフリットリだったので、思い切ってもう一度行くことにしました。

イメージとしてはホロストフスキーにピッタリとは言えない役かもしれませんが、数あるヴェルディの彼のレパートリーの中でも、このシモンは彼の声によく合っていて、私は彼のシモンが大好きです。
彼が歌わなければ、私は今でもまだこのオペラにチャレンジしていなかったかもしれません。

7月には東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」を観ました。

「ドン・キホーテ」を子供用に短縮・改定したバージョンでしたが、3,000円という破格値で十分楽しめました。
この公演でバジルを踊った秋元康臣さんがとっても素敵だったので、10月に東京まで彼の由良之助デビューを観に行くことに決めました(笑)


10月は、まずゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管弦楽団を鑑賞。

大好きな「春の祭典」をゲルギエフ&マリインスキーで聴けて、鳥肌物の感動でした!


10月はもう1本。東京バレエ団「ザ・カブキ」

30年前の初演をTVで見て以来、機会があれば観に行っていた作品ですが、高岸直樹さんが由良之助を踊らなくなってからはしばらく遠ざかっていました。

ダンサーはすっかり若返り、ベジャールらしさ、歌舞伎の所作などはだいぶ薄らいだ感がありましたが、若さあふれる新鮮な魅力にあふれた「ザ・カブキ」だったと思います。
秋元さんの由良之助デビューに立ち会えたのは幸せでした。

最後に。

私が最も愛するアーティスト、ディミトリー・ホロストフスキーは、この記事を書いている時点で肺炎で入院しています。
既に脳腫瘍の影響で、オペラの舞台からの撤退も表明しています。

今後、彼が歌うことができるのかどうか、今の時点では全くわかりません。
そして、私には何も出来ることがありません・・・。

こんな気持ちのまま新年を迎えるのはとても辛いのですが、彼の1日も早い回復を祈り続けたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もバレエとコンサートは地元で通いましたが、今年はオペラは少なかったです、ロッシーニのマオメットくらいかなあ。 普段の年ならばご贔屓さん目当てでメトへ行ったついでに2−3本観る訳ですが・・・(ため息)。 2月の北米でのリサイタルツアーのトロントでは百点満点なチャイコフスキーの”舞踏会のざわめきの中で”にグッと心を掴まれ、シュトラウスも軽やかで良かったですし、出待ちで逃げられたものの(涙)元気なディーマに大満足だったのが10カ月前。 年末の肺炎のニュースが心配ですが、これがなければ2度の大規模なフレンズ・コンサートの後で、クラスノヤルスク、エカテリンブルグと歌う気でいた訳で・・・(汗)、今回の入院を機に、しっかりとした療養、仕事の入れ方の見直しを考えて欲しいかも・・・。 大切な仕事だけ選んで、長く歌ってもらいたいですし。 来年は病気完治の年になって欲しいですね! 
花宴
2016/12/28 10:26
◆花宴さん
オペラからの撤退を決めた今、METとウィーンでDimaの舞台を何度か鑑賞できたのは幸せだったな・・と感じています。

脳腫瘍という難しい病気にも関わらず、健康な時と同じように仕事を入れていたのがやっぱり裏目に出たのでしょうか。
病気のことを忘れさせるほどの働きぶりでしたものね・・・。

今は来年以降どうなるのかわからない状態ですが、とりあえず元気になってくれることを最優先に祈りたいと思います。
娑羅
2016/12/29 23:28
チョット寄り道。
偶然バレエのコメントを拝見して、驚きました。
何!!スパルタクスがそんなに面白いの??
私は大の「ジゼル党」です。ニーナさんが見れなくなって、何年この演目を見ていないか。でも好きなものは好き。耐えきれなくなって、ボリショイで見てみることにしました。
2017年6月です。ではついでに「スパルタクス」とやらも見てみるかとパンフを広げたら「無い」。沙羅さんのコメントは2011年のコメントでしたのね。
私はザハーロワさんで見ます。
私がニーナさんで見て、泣きながらホールを後にしたような感動を与えていただけることを期待して見に行きたいと思います。
偶然このコメント欄に行きつきました。もう一度来る自信は全くありません。失礼しました。
次回は「スパルタクス」ですね!
ゆみゆみ
2017/03/01 09:36
◆ゆみゆみさん
この記事には「スパルタクス」は出てこないのですが、よく引っかかりましたね

残念ながら、ボリショイの新しい総裁がグリゴローヴィチのレパートリーを来シーズンから外すらしいので、「スパルタクス」はお蔵入りになる可能性があります

私も今年のボリショイ来日公演行きますよ。
「パリの炎」が楽しみです♪
娑羅
2017/03/02 00:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年観たもの。。。2016 Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる