Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 【METライブビューイング】 ドニゼッティ:「ロベルト・デヴェリュー」

<<   作成日時 : 2016/05/22 10:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

画像



2016年5月22日(日)午前10時開演
MOVIX京都
【MET上演日:2016年4月16日】

<出 演>
エリザベス1世(エリザベッタ).................ソンドラ・ラドヴァノフスキー
サラ(ノッティンガム公爵夫人)................................エリーナ・ガランチャ
ロベルト・デヴェリュー....マシュー・ポレンザーニ
ノッティンガム公爵...........................マリウシュ・クヴィエチェン
Lord Cecil...................................Brian Downen
Gualtiero (Sir Walter Raleigh)...............Christopher Job
A Page.......................................Yohan Yi
A Servant of Nottingham......................Paul Corona

<指 揮>
マウリツィオ・ベニーニ

<演 出>
デイヴィッド・マクヴィカー


ソンドラねえさん(ラドヴァノフスキー)の声が苦手な私は、当初この「ロベルト・デヴェリュー」を見に行くか迷いました。
でも、大好きなガランチャ様は出てるし、マリウシュ(クヴィエチェン)も聴きたいし・・・!

そんな迷いを吹っ飛ばしてくれたのが、METが小出しにしてくる稽古風景やドレスリハのビデオ。
「ほら〜、いいでしょう?見たくなるでしょう?」と言われているようで、見事その術中にハマったわけですが、行って大正解でした!

だって、この私がソンドラねえさんに感動したんですから!(笑)

では、早速そのソンドラねえさんのエリザベッタからいきましょう♪

画像


ご覧のように、エリザベス1世と言えばこの白塗り。怖いです
しかも、今回のエリザベッタは最晩年の69歳だそうで、「マリア・ストゥアルダ」に出てくるエリザベッタとは、やや印象が違います。
でも、どっちもド迫力ですけどね

そういえば、ソンドラねえさん。インタビューで「(エリザベッタは)9割は怒ってる」って言ってたけど、確かにそんな感じでしたね。
それだけに、最後のシーンが胸を打つんだけど

ま、ベルカント・オペラに出るからって、ねえさんの声が急に変わったわけではないし、はたしてこの声がベルカントなのか?と言われると疑問も残りますが、実際素晴らしかったわけですから、こういうのもアリなのではないでしょうか。

「ロベルト・デヴェリュー」は滅多に上演されないオペラだそうで、なかでもこのエリザベッタは難役として知られ、カバリエの好演で広く知られるようになった・・とのこと。

歌唱テクに関してはねえさん、どうなのか?とも思いますが、強靭な声の持ち主であることは確か。
最後まで全く疲れを感じさせなかったです。

インタビューでは「この次はトスカを歌うの!楽だから楽しみよ!」とか何とか言ってましたが、トスカを「楽な役」と言い切るねえさん・・・やはりただ者ではありません

ソンドラねえさんはヴェルディで何回か聴いてますが、とにかく爆音なのと、まったり感が苦手でした

今回、まだまだ爆音ではありますが、やや声が細く聴こえたところもありますし、やっぱりベルカントは意識してるのかな〜という印象。
まったり感もほとんど気にならなかったのは、指揮のベニーニのお陰でしょうか。

何より、今回ねえさんが良かったのは演技!
ヴェルディの時には意味不明の笑いがあったり、一生懸命「恋する可愛い女性」を演じているのが空回りして、演技に説得力がなかったのですが、今回は老婆になったエリザベッタ最後の恋。

69歳で30歳以上も年下の男性を愛する哀れさ・・・ひしひしと伝わりました。
前半怒ってばっかりのエリザベッタが終幕に見せる、愛する男性を処刑に追いやってしまった哀しみの熱唱に、涙がしばらく止まりませんでした。

ラストのカツラを放り投げての熱唱なんか、きれいなだけのソプラノには絶対務まらないですね
やっとねえさんに合う役が聴けて嬉しいわ♪

画像


続いてガランチャのサラ。

画像


今回、一番期待していたのは彼女でした。
なかなか日本で聴く機会はありませんが、私は運よく海外で2度生ガランチャ様を拝むことができ、すっかりファンになっております

サラはエリザベッタが一番信頼している、いわば友のような存在でありながら、あろうことかエリザベッタが愛するロベルトと愛し合っており、おまけに旦那はロベルトの親友・・・という、とっても難しい役どころ。

また、インタビューでも語っていたように、メゾのパートとは思えないほどの高音の連続で、歌唱的にも大変そう

画像


しかし、そこはガランチャ様。
余裕すら感じられるパーフェクト・パフォーマンスでございました!
彼女の柔らかな美しい声にももちろん魅了されましたが、エリザベッタ、ロベルト、そして夫のノッティンガム公爵の誰に対しても、いつも毅然としている姿が本当に素敵でした。

続いて男性陣。
タイトルロールのロベルトを演じたのはポレさんこと、ポレンザーニ。

画像


ポレさんの声、私はちょっと苦手なタイプでして、また過去に見たパフォーマンスでも合ってる役・合ってない役があるのか、バラバラの印象なんですよね・・・・。

しかし!今回のポレさんはいいです!
正直、こんなに歌える人だったんだ!?って感じです!(←失礼

だって、あのソンドラねえさんと歌合戦しても引けを取らないんですから!(笑)

画像


ロベルトもアクートがバンバン出てくるけど、ポレさんったら絶好調!決まりまくってました!

そして、近年もっさりしてたポレさんですが、今回どうしちゃったの!?ってぐらいずいぶん、男前に仕上がっていました!(←またまた失礼。)

そして、忘れてはならないマリウシュのノッティンガム公爵。

画像


なんかこの役・・・・「仮面舞踏会」のレナートに似てないか?
サラに向かって「欲しいのは涙ではない!血だ!」って言ってるとこなんか、まんまレナートですわよ

実は私、ご贔屓さんのホロストフスキーは別として、バリトンではこのマリウシュの声が今一番好きかもしれません。
彼のベルカント・オペラには何度も感動させられました。
「ルチア」のエンリーコ、「ドン・パスクワーレ」のマラテスタ、「愛の妙薬」のベルコーレ、みんな良かった!

ベルカント・オペラのバリトンって、ヴェルディなんかと違ってそれほど目立たないのに、そんな役でもピカッと光る魅力を残してる彼は、本当に上手い人なんだと思います。
いい声してるし、歌唱テクはあるし、演技の幅も広いです。

画像


ただ残念なのは、舞台での華が足りないこと・・・・
ルックスが悪いわけではないのですが、目が小さいからか目力があまり伝わらず、舞台姿は地味な印象。
これで華があったら、我がご贔屓さんもうかうかできない強力なライバルになったことでしょう。

でも、マリウシュ好きよ

さて、マクヴィカーのチューダー3部作。
この「ロベルト・デヴェリュー」で完結したわけですが、今回の舞台セット、過去2作に比べると転換がほとんどない・・・もしかして、ずっと同じセットだったかな?
でも、全く退屈させないし、そのぶん衣装がすごく豪華

私は今回の3部作、すべてMETの映像で見ましたが、ベルカント・オペラの印象が大きく変わりました。

今まではプリマドンナありきの声の博覧会という印象だったのですが、METでの上演によって、脇役もドラマに欠かせない存在であり、実はこんなにもドラマティックな作品だった!ということを思い知らされました。

ベッリーニはまだ苦手意識がありますが、ドニゼッティはメロディーも美しく口ずさみやすいですし、シンプルなメロディーの中に様々なドラマが生きている、素晴らしい音楽だと思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
昨シーズン、カナダで別のプロダクションで観たんですが、ソンドラ姐さんのレパートリーの中では、一番合っているような。 エリザベスってオペラの主人公としてはリアリティーのある人物ですが、こういう方が彼女に合ってますね、お姫様とか美姫の奥様とかだとどうも”ワザと”感が漂うんですが、エリザベスはその辺落ち着いて観ていられましたし。 決して美しくはないエリザベスメイクで入魂のパフォーマンスは納得するものがありました。 まあ、ベルカントはもうちょいクリーンな歌唱を期待したいですが、爆音支えるのはあれで精一杯なんですかね? ポレさん、声的にモーツアルトですが(笑)、派手ではないのに、何となく心を掴んでくる歌手ですね。 王子のジェルモンパパと戦っても結構負けない侮れないとこある気がします。 ガランチャ様、良いですね〜、品格良し、歌唱良し、来期の”バラ騎士”も楽しみ〜♩
花宴
2016/05/24 09:14
沙羅さんこんにちは!
ブログ楽しく拝見しました。
ソンドラねえさん素晴らしかった!
お声は好きではないですが、渾身の演技に脱帽です。
しかもまだパワー余っていそう(笑)
この作品、わたしも観るかどうか迷っていたのですが
ガランチャ様が大好きなので出かけたのです。
でも主演の4名それぞれ素晴らしくて良かった〜
演出良し、衣装もゴージャス!ええもん観たわ〜〜

ポレさんいいお声ですね。今まであまり印象に残っていなくて。「真珠採り」の時も惹かれませんでしたが今回はお声良し、おまけになかなかいい男に仕上がっていて(失礼)魅力がありました。女王様も惚れるでしょう。

マリウシュの声も好き。
わたしも観ていて充分かっこいいのに残念だな〜と思っていました。ホントに華が;;ですね。
このお二人は「真珠採り」でも一緒に(これも親友にして恋仇)歌っていました。
インタビューでもまた組みたいと話していましたね。

ガランチャ様も素敵でしたね。控えめなキャラの公爵夫人をみごとに演じきっていました。彼女はほんとうに華のある方ですわ!「バラの騎士」も楽しみ〜

他のチューダー2作は観ていませんが
今回?と何度も感じたのは歌唱が始まる前の前奏が、、、
むちゃくちゃ深刻な心情を歌うのに前奏が♪ズンチャカチャッツチャ〜と妙に明るく軽い調子で始まるのですごく違和感がありました。後半にそう思った曲が3〜4曲。
歌唱が始まると深刻な調子の音楽になるのですが?でした。

ご教授いただければ幸いです♪



ミルクねこ
2016/05/24 17:20
娑羅さん
先のコメント、お名前の入力間違えていましたね。
大変失礼いたしました。
ミルクねこ
2016/05/24 17:44
◆花宴さん

うんうん、今まで見たソンドラねえさんの演技、一生懸命恋する女を演じようとしてるせいか、似合わないぶりぶりした演技が浮きまくってたんですが、今回は本当に説得力のある演技だったと思います。

ポレさん、汗いっぱいかいて熱演してましたね〜。
ま、ねえさんの存在感が強烈でしたが、いちおうタイトルロールですしね♪

ガラ様はいつも期待を裏切りません!(笑)
声の美しさと歌唱テクはもちろん、何を演じてもどこかにカッコ良さがキラリと光っているのが素敵☆

マリウシュも裏切らないわねー。
5年前のMET来日公演、ボエームのマルチェロじゃなくてベルカントで聴きたかったな・・・。
娑羅
2016/05/24 23:39
◆ミルクねこさん

今回、ソンドラねえさんを苦手だった人が次々と「素晴らしかった!」と書いておられるのを見て、やっぱり私だけじゃなかったんだな〜と嬉しくなりました。

最後に涙があふれてきた瞬間、私自身「え?私、ねえさんの歌で泣いてるの!?歌ってるのねえさんだよ!」と自分に言い聞かせ、自分でも信じられませんでした(←かなり失礼)

ミルクねこさん、「真珠とり」ご覧になったのですね!
私、見逃してしまったんですよ〜orz
WOWOWでやったら見てみようっと♪

マリウシュ、ガラ様・・・本当によくこれだけキャストを揃えられましたよね。
やっぱりMET、おそるべしです!

深刻なシーンでブンチャカするのは不思議ですよね。
普段オペラを見ない友達と一緒に見た時、「なんで歌詞の内容は深刻なのに、音楽はこんななの?」とつっこまれたことがあります(笑)
なぜでしょうね?それがオペラの醍醐味かも!?

私はチューダー3部作を全部見たのですが、どれも素晴らしかったですよ!
でも、この「ロベルト・デヴェリュー」が一番好きかな。
「マリア・ストゥアルダ」も感動的でしたが。
これはもうディドナートが圧巻でした!
娑羅
2016/05/24 23:57
すっごく良かったです!4人とも!
私も迷ってた…と言うか、パスするかな〜と思っていた演目でしたので、娑羅さんのレポに大感謝です。

ソンドラ姐さんの演技も、手が震えているところとか、歩き方や振る舞いも『年老いた女王』らしさが出ていて良かったです。
ポレさんも「真珠とり」の時よりずっと男前になっていました。
どういうマジックでしょうか?? ←失礼!
歌の繰り返しと、妙に明るい節回しで「あ、これドニゼッティだった」と思い出しますが、歌の内容がドラマティックなのでぐいぐい引き込まれ、カーテンコールまであっという間。

セットは3幕の最後で壁が上がっていく以外は、ずっと同じでしたね。しかし、場面が違っていてもあまり違和感なく、それより衣装と装飾品の豪華さにうっとりでした。
時代考証もばっちりな様子で、ブローチや髪飾りのデザインも忠実にデザインされているな〜と感心しました。

今年のHDシリーズ、トロヴァに始まって真珠とり、ロベルト・デヴェリューと3つしか観られませんでしたが、どれも大収穫、私的には良いシーズンでした。
来シーズンはガランチャ様の美しさに『ばらの騎士』も絶対!な演目になりました。(…実はルネ様の歌がちょっと苦手でパスしようか迷っていたので)
オネーギンよりオテロが観たかったな〜と思いつつ、HDのありがたみを感じています。
日本に居ながらにしてオペラが観られるなんて、ありがたや〜です。
nikia♪
2016/05/27 07:41
◆nikia♪さん

ホント、初めて見る作品でこんなにハマっていいのでしょうか!?ってぐらい良かったです!

ソンドラねえさん、お婆さんの役がハマるのか〜。
いや〜、知らなかった!(え?違う?)
でも、ソプラノでお婆さんの役ってほかに聞かないよな〜

ポレさん、男前に仕上がってましたよね!
いやいや外見だけじゃなくて、歌もすごく良かった!
ねえさんとの歌合戦で負けない男性、そんなにいませんからねー。

時代考証もバッチリだったのですね?
私はそのへん疎いもんですから、全くわかりませんでした
演出のマクヴィカーはイギリス人だそうなので、やはりこのチューダー3部作には思い入れがあるのでしょうね。
どれも力作でした!

私も今年のHDは3つです。
「マノン・レスコー」はちょっと・・・ハズレだったかな

来シーズン、ルネ様は最後のMET出演になるようですね。
最近はちょっと声が辛そうとの噂も聞きますが、マルシャリンは十八番ですから最後の花道を飾っていただきたいです。
オクタヴィアンがガランチャとくれば、燃えないわけにはいかないでしょう♪

Dimaのイアーゴ、話はあるようですが、肝心のオテロを歌える人が少ないため、なかなか実現しないのでは?とも言われています。
クーラはもうMETでは歌わないそうですし、いつもアントネンコってわけにもいきませんしね・・・。
娑羅
2016/05/28 00:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
【METライブビューイング】 ドニゼッティ:「ロベルト・デヴェリュー」 Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる