Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 【METライブビューイング】 プッチーニ:「マノン・レスコー」

<<   作成日時 : 2016/04/05 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



2016年4月5日(火)午前10時開演
MOVIX京都
【MET上演日:2016年3月5日】

<出 演>
マノン...................クリスティーヌ・オポライス
デ・グリュー..............ロベルト・アラーニャ
レスコー.................マッシモ・カヴァレッティ
ジェロント................ブリンドリー・シェラット
Edmondo.................Zach Borichevsky
Innkeeper...............Philip Cokorinos
Solo Madrigalist........Virginie Verrez
Madrigalist.............Maria D'Amato
Madrigalist.............Christina Thomson Anderson
Madrigalist.............Stephanie Chigas
Madrigalist.............Rosalie Sullivan
Dancing Master..........Scott Scully
Solo Dancer.............Martin Harvey
Sergeant................Brandon Cedel
Lamplighter.............Andrew Bidlack
Captain.................Richard Bernstein

<指 揮>
ファビオ・ルイージ

<演 出>
リチャード・エア


当初デ・グリューにはカウフマンがキャスティングされていましたが、健康上の理由でキャンセル。
カウフマンの代わりを務めたのはアラーニャ。
大スターであるカウフマンの代わりですから、そんじょそこらのテナーじゃお客も納得しませんからね〜。
ゲルプさんも大変だったことでしょう。

しかもアラーニャ。
プッチーニの「マノン・レスコー」は初めてとのこと!(マスネの「マノン」は何度も歌っているそう。)
しかも同じ時期に「道化師」にも出演していて、そちらからのスライド登板!

HDもあるというのに、よく引き受けたな〜と感心。
アラーニャ、ゲルプさんに弱み握られてないか?

そのアラーニャですが、なんとなく前半はいつもの彼らしくない感じ。
ま、急なピンチヒッターですからね・・・しょうがないことなんですが。

画像


マスネのほうは何度も歌っていても、やっぱりそこは違うオペラ。
なんとなく方向性に迷いがあるというか、いつもよりしっくりこない。

残念なことに、マノン役のオポライスともケミストリーが感じられず。
2人、ほとんど目を合わさなかったんですよね・・・。
愛し合う2人なわけだし、HDだし、もうちょっと視線を絡ませてほしかったかも。

ただ、3幕でマノンについてアメリカ行きの船に乗船させてくれ!と懇願する場面はさすが!
こういうところはアラーニャの真骨頂よね♪
それまで、な〜んとなくすっきりしなかったけど、このシーンで一気に涙腺崩壊しましたわ!

さて、タイトルロールのオポライス。(オムライスみたいな名前ね
ゲルプさんのお気に入りのようで、METでも大活躍の彼女。
ヨーロッパのオペラハウスではカウフマンとの共演も多いようです。

ですが、私は彼女を聴くのはこれが初めて。
美人の呼び声も高いし、「マノン・レスコー」にはピッタリ!?と期待していました。

・・・が。

う〜ん・・・・私にはあんまりいいとは思えなかった

画像


まず声が美声じゃない。
いや、まぁ美声じゃなくても名ソプラノはいるわけで、それを補うものがあればいいわけですが。

ちょっとルネ様(フレミング)にも似た、ややハスキーな声だけれど、ルネ様のように声に魂がこもってるわけでもなく・・・。

終幕でようやく花開いた感じもあるけど、あれは音楽の力もあるかなぁ。
あの壮大な音楽で演技に力が入らなきゃ、舞台人じゃないし。

画像


まぁ、まだお若いソプラノらしいので今後に期待。

脇の2人、ジェロントとレスコーは影が薄くて残念。
ジェロントはもっと嫌なヤツに見えていいと思うけど、シェラットさんは紳士な感じでいやらしさが足りなかった(笑)

画像


レスコーはいつも、敵なのか味方なのかわからん
最後は味方になるんだけど・・・・そういう点では、もっとずる賢さが見えたほうが面白いのかも?
カヴァレッティは「人のいいあんちゃん」って感じだった。

画像


な〜んて、好き勝手なこと書きましたが、私にとって、今回の一番の功労者は指揮のルイージ。
情熱的な音作りに、ぐいぐい引き込まれてしまいました。

今回は新演出ということで、ドイツ占領下にあるフランスが舞台とのこと。
なので、デ・グリューも騎士ではなく田舎の青年っぽかった

気になった点と言えば、2幕でマノンが着てるドレス。
フロント・スリットのセクシーなドレスだけど、マノンが座ったり歩き回る度に目のやり場に困りました

もちろん、プロの仕立てだから見えないんだろうけど、あんまり品のいいものではなかった。
…って、マノンに品を求めていいのかわからないけど

画像


そして、終幕。
今回、マノンは廃墟の中で息絶えるのですが、やはりここは荒野で見たかった!
めっちゃ個人的な希望ですが・・・。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今シーズンのHDもいよいよ佳境ですね〜♩ 最近はアナちゃんを上回るゲルブさんのご贔屓、おむらいすちゃんですが・・・、滅多にいないビジュアル系ドラマティコで盛り上がってるのは解るけれど・・・どうも??。 歌唱にもうひとつ説得力感じませんし、演技も熱は入ってるのですが一人芝居気味?・・・”つばめ”の時もそんな感じでしたね。 アラーニャ、いきなりピンチヒッターで大活躍!! ・・・このスライドキャスティング、”カルメン”の初演を思い出しますわ・・・当初は夫婦共演だったのがゲオさん降板、ホフマンが決まってたガランチャ様がスライドで入って、大ブレイクしたんですよね。 アラーニャは日によってムラは感じますが上手い歌手ですし、トスカのお助け出演とか、中々頼れるテナーですよね(笑)。 ・・・これ書くと叱られちゃいそうですが・・・ゲルブさんって品の良いプリンセス系よりもちょっと婀娜っぽい女性歌手好み・・・(汗)? アナちゃん、おむらいすちゃん、ヨンチェヴァちゃんってちょっと繋がる気も(汗)?    
花宴
2016/04/14 06:53
◆花宴さん
ふふふ、ゲルブさんの好み、はっきりしてますよね〜
好みはありますが、3人ともスターの素質は十分ありますよね。
アンナちゃんは既に中堅の域に達してますけど(笑)

そっか〜、ガランチャの「カルメン」はスライドだったっけ。
あれは大当たりでしたね〜♪

アラーニャ、あんまり無茶な使われ方すると、「第2のジョルダーニ」になっちゃわないか心配ですわ
娑羅
2016/04/15 01:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【METライブビューイング】 プッチーニ:「マノン・レスコー」 Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる