Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 山根一仁 ヴァイオリン・リサイタル

<<   作成日時 : 2015/12/19 15:00   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

画像



2015年12月19日(土)午後3時開演
会場:京都青山音楽記念館 バロックザール

<曲 目>
クライスラー: コレルリの主題による変奏曲
ベートーヴェン: ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第2番
J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータNo.2より”シャコンヌ”

ショーソン:詩曲 作品25
ラヴェル: ヴァイオリン・ソナタ ト長調
サラサーテ: カルメン幻想曲 作品25

<アンコール>
シュニトケ: きよしこの夜
バッツィーニ: 妖精の踊り

<ヴァイオリン>
山根 一仁

<ピアノ>
梅村 祐子


今年9月に聴きに行ったコンサートで、すっかり山根くんのヴァイオリンに魅せられた私は、この時に入っていたこの京都でのリサイタルのチラシに目が釘付け!(笑)
すぐにチケットを取って、3か月間待ち望んでおりました♪

バロックザールは200席の大変小さいホールですが、それだけに贅沢な空間でもあります。
最近ここは、大物アーティストが次々に登場しているようです。

予想通り、この日は全席完売。
そして、全席自由席!
熾烈な席取り合戦を覚悟してたけど、皆さんさすがに落ち着いておりました
ま、どこに座ってもよく見えてよく聴こえるしね♪

登場した山根くん。
ものすごく細い・・・・!
あんなに細くて、よくあれだけパワーが出せるなぁ・・・。

そう、彼のヴァイオリンはよく鳴ります。
これが第一印象かな。

最近はあんまり行ってないんですが、昔はよくヴァイオリンのコンサートに足を運んでいました。
その時いつも感じるのは、「ヴァイオリンって、CDで聴いてるより音が通らないんだなぁ。」ということ。
でも、山根くんのヴァイオリンは、全開のピアノにも負けない鳴りでした。

会場が小さいからかなぁ?とも思いましたが、この日聴きに来ていたお客様からも、「よく鳴るなぁ〜。」という声が聞こえてきたので、やっぱり会場のせいだけじゃないと思います。

前半の3曲では「シャコンヌ」が圧巻。
演奏を始めるまでの間・・・・。
会場全体が静寂に包まれるまで待っているかのようで、おのずとこちらも緊張感が増します。

そして始まった「シャコンヌ」。
音が本当に美しく、無伴奏の難しいところでもある間の取り方も抜群で、ぐいぐい引き込まれました。
大変な集中力です。

第2部はどれも全くカラーが違う3曲で、山根くんの魅力を余すところなく伝えるものとなりました。

ショーソンの「詩曲」。
その昔、初めて聴いた時は魅力がよくわからず、なぜヴァイオリニストがこぞってこの曲を演奏するのか理解できませんでした。

その後、ハイフェッツの演奏をCDで聴いて以来この曲が好きになり、また生の演奏で聴いてみたいと思っていました。
山根くんのヴァイオリンで聴くことができて良かったです!
暗さの中に秘められた情熱がよく表現されていて感動しました。
改めてこの曲が大好きになりました♪

ラヴェルのソナタは初めて聴く曲でしたが、第1楽章はなんとなくふわふわして掴みどころがなく、第2楽章はジャズっぽくて(ブルースらしい)、第3楽章は予想通り(笑)、速い技巧的な曲でした。

面白かったのは第2楽章のブルース。
演奏に遊びがあって魅力的でした。
こういう曲は、演奏してるほうも楽しいんじゃないかな?

「カルメン幻想曲」はワックスマンのものもありますが、この日はサラサーテのもの。
今まで20歳とは思えない大人な演奏を聴かせてくれた山根くんですが、ここで若さ爆発!って感じでした。
いや、決して子供っぽいと言ってるのではありません!

こういう演奏って、おっさんになってからは聴けないんですよ〜。
20代の今だからできる若さあふれる演奏。
こういう曲も入ってないとね♪

なんかテンポがものすごいことになっていて、最後のジプシーソングなんか最初から飛ばしてて、最後にさらに加速するんだから、ピアニストさんも大変・・・・(^^;

そのピアニストさん。梅村さん。
この方がまたまたBrava!な演奏でございました!
音が柔らかくてとてもきれいだし、山根くんともよく息が合っていて、ソリストを引き立て、寄り添ういいピアニストさんでした。

アンコール、シュニトケの「きよしこの夜」は面白かった〜(笑)
メロディーは「きよしこの夜」なんだけど、しずかちゃんのヴァイオリンですか?と言いたくなるような不協和音があちこちに顔を出します。
不気味でちょっと怖かったわ

「カルメン幻想曲」や「妖精の踊り」などはすごいテクニックだったし、お客さんもすごくわいてたけど、私はシャコンヌ、詩曲、ラヴェルの2楽章、シュニトケなどが印象的でした。

こんな贅沢な空間で素敵な演奏を聴かせてもらえたのに、3,500円で良かったのですか!?
またバロックザールで聴けると嬉しいな♪

山根一仁さん、素晴らしい演奏をありがとうございました!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お名前、和仁ではなくて、一仁さんですよ♬
私も京都の演奏会楽しんで聴いてきました!
大晦日の東急ジルベスターのご出演、今から楽しみです。
山根くんのファン
2015/12/24 01:07
◆山根くんのファンさん
きゃー!すみません!💦
訂正しておきます!ご指摘ありがとうございました!

ジルベスター、私もTVで拝見する予定です♪
娑羅
2015/12/24 01:09
山根くん、注目している若手バイオリニストの一人です。
こっちにはリサイタルいらっしゃらないので、なかなか生が聴けてなくて残念!ジルベスター、楽しみです。
プリたん
2015/12/26 17:43
◆プリたんさん
おぉ〜!プリたんさんも山根くんに注目されていますか!
やっぱり活動は東京・横浜が中心になっているようですが、このリサイタルの時に、金沢と豊田でのコンサートのチラシが入ってました。
九州にも来てくださるといいですね♪
娑羅
2015/12/26 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
山根一仁 ヴァイオリン・リサイタル Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる