Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 市川海老蔵〜古典への誘い

<<   作成日時 : 2015/09/05 14:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



2015年9月5日(土)午後2時開演
会場:びわ湖ホール 大ホール


海老蔵の「古典への誘い」。
私は3年前に続いて2回目の体験となりました。

3年前は能と歌舞伎で同じ題材を比較して鑑賞したり、海老蔵が能楽師さんにインタビューして、歌舞伎との違いを聞かせてもらったり・・・と、なかなか興味深い内容で楽しめました。

そして、今回のテーマは「歌舞伎舞踊」とのこと。


■ご挨拶
市川海老蔵


前回観た時と同じく、初めに海老蔵が客席から登場し、主に最前列のお客様を相手にトークを繰り広げます。
相変わらず話術が巧みで会場をわかせます。

これから演じられる作品についても、わかりやすく解説してくれました。
今回はもちろん能楽師さんも登場しないし、トークは短め。


■正札附根元草摺
曽我五郎時致……市川九團次
小林妹舞鶴………大谷 廣松


過去にも何度か見てる作品だと思うんですが、いつもあんまり印象に残らない

九團次さんはちょうど1年ほど前に海老蔵に弟子入りした人で、ちょっと曰くつきの役者さんのようですが、弟子入りしてからは、海老蔵が座長を務める舞台によく出演しています。

見た目はきれいなんですけどね〜・・・・なんか、いつも訴えるものがなくて残念。

廣松さんは大谷友右衛門さんの次男だそうです。
ってことは、ジャックこと雀右衛門さんのお孫さんですよね!?
まだ20代前半ってことなので今回はあまり魅力がわかりませんでしたが、大化けして是非ジャックのような素晴らしい女形になってもらいたいです!


■碇知盛
舟人実ハ平知盛…市川海老蔵
源義経……………市川九團次
亀井六郎…………市川 新蔵
片岡八郎…………市川新十郎
武蔵坊弁慶………片岡 市蔵


これはね〜・・・やっぱり「義経千本桜」の芝居で見てる者としては、ちょっと物足りなかったかなぁ。

見せ場であるラスト、知盛が碇綱を身体に巻き付け、仰向けに海に飛び込む壮絶な場面。
これは血だらけでボロボロの姿になりながらも碇を持ち上げて海に放り込み、綱がするすると海中に引っ張られていく様子に鳥肌をおぼえるわけですが、今回の知盛さんはきれいな亡霊姿のままだったし、綱も身体に巻き付けなかったし、碇を持ち上げて幕・・・・だったんですよね

ま、舞踊だからしょうがないと言えばしょうがないんですが、やっぱりあの最後を期待してしまいます。

あ、そうそう。
弁慶の市蔵さんが光ってましたねー!
この人は脇役しか演じませんが、いつも芸達者で魅せてくれます!


■新作舞踊「三升曲輪傘売」
傘売り実ハ石川五右衛門…市川海老蔵


この日一番わいたのはこの演目。
海老蔵の身体(着物?)から、次から次へと傘が出てくる・・・いわばマジックのような狂言。
大きいものから小さいものまで、華やかな舞台でした!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あっ、これ琵琶湖ホールでの公演だったんですね〜、南座とぐっと雰囲気違って面白そう♪ 若い人多そうでそれも楽しいかな〜♪
花宴
2015/09/21 02:40
◆花宴さん
あ、南座にも行きますよ!
10月末にも海老蔵が来るんです!
・・・といっても、このびわ湖ホールの内容とほぼ同じなんですが・・・。(チケット取ってから知る

今回は大ホールでしたから残響がすごかったです(笑)

本歌舞伎は5時間ぐらいあるので、初めての人にはとっつきにくいかもしれませんが、こういう企画だと入りやすいかもしれません。

やっぱり女性が多かったですね〜。年齢関係なく
娑羅
2015/09/21 23:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
市川海老蔵〜古典への誘い Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる