Impression

アクセスカウンタ

zoom RSS 【TV】ボリショイ・バレエ「パリの炎」

<<   作成日時 : 2010/04/26 20:39   >>

驚いた ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


<出 演>
ジャンヌ:ナターリヤ・オシーポワ
ジェローム:デニス・サビン
フィリップ:イワン・ワシーリエフ
ボールガール侯爵:ユーリ・クレフツォフ
アデリーヌ:ニーナ・カプツォーワ
ミレイユ・ド・ポワチエ:アンナ・アントニーチェワ
アントアーヌ・ミストラル:ルスラン・スクヴァルツォフ

ジャルカス:ユリアナ・マルハシャンツ
ジルベール:ヴィタリービクティミロフ
ルイ16世:ゲンナジー・ヤーニン
マリー・アントワネット:オリガ・スヴォロワ
ジャンヌの父・ガスパール:アレクサンダー・ペトゥホフ
ジャンヌの母・リュシル:エフゲーニャ・ヴォロチコワ
アモール(劇中劇):エカテリーナ・クリサノワ
花嫁の亡霊(劇中劇)ヴィクトリア・オシーポワ

猟師:カリム・アブドゥーリン、エフゲーニ・ゴロヴィン
    ヴラディスラフ・ラントラートフ、マクシム・オッペンゲイム
オーベルニュ・ダンス:アンナ・アントロポワ、アンナ・レペツカヤ
              アレクサンダー・ヴォドペトフ、ゲオルギー・ゲラスキン
マルセーユ・ダンス:アンドレイ・ボロディン、ヤン・ゴドフスキー
            イーゴリ・ツヴィルコ

<管弦楽&合唱>ボリショイ劇場合唱団&管弦楽団

<指 揮>パヴェル・ソロキン

<音 楽>ボリス・アサフィエフ

<振 付>アレクセイ・ラトマンスキー

<原振付>ワシーリー・ワイノーネン

<衣 装>エレーナ・マルコーフスカヤ

[収録: 2010年3月29,31日 新・ボリショイ劇場 ] ('10 4/17 NHKハイビジョンで放送)


「パリの炎」・・・ガラ公演やコンクールなどでよく踊られる、グラン・パ・ド・ドゥのみがよく知られており、全幕で上演されることはまずない作品でした。
それをラトマンスキーが改定し、復刻上演されたとのこと。
今回の放送は、なんと今年3月末に上演されたもので、上演後わずか20日ほどで日本のTVで見られるという贅沢さ!

「パリの炎」を全幕で見られるという貴重さと、大好きなオシポワ&ワシーリエフのぺアが主演となれば、私のテンションも自然と高まるというもの♪

あらすじはこちらからどうぞ。ジャパンアーツのバレエブログで紹介されています。

いや〜、面白かったですね!ボリショイのパワーを見せつけられた思いです。
パリ・オペラ座のようなエレガントなダンスが大好きな私なので、跳びます!回ります!一辺倒の乱暴なバレエやダンサーは苦手なのですが、ボリショイのパワフルさは乱暴とは感じません。

ワシーリエフとオシポワは、日本の通のバレエファンの間では“乱暴”と思われているようで、あまり人気が高くないようなのですが、私はこの2人大好きです♪
画像


オシポワは、ピルエットやグラン・フェッテの技術の高さもさることながら、驚異的なジャンプ力が魅力です。
そのジャンプもふわ〜っと浮かぶよう。とても軽やかです。
小柄なほうだと思うのですが、アクセントのつけ方が半端なくすごい。
フランス国旗を持って、舞台を全速力で駆け抜けるだけのシーンでも強烈な印象を残します。
ロシア美人という顔立ちとは違い、ツンと上を向いた鼻が印象的なファニーフェイスの彼女ですが、私はキュートに感じて好きなんですよね〜

ワシーリエフは確かに太腿がすっごく太くて、美しいスタイルのダンサーではないかもしれませんが、あのジャンプを見せてもらえれば、そんなことはちっとも気になりません♪
ジャンプの後のプリエが柔らかく、ゴムまりが跳ねるようなジャンプをします。
床にスプリングでも入ってるんじゃないの?と疑いたくなります。
グラン・パ・ド・ドゥのコーダで、トゥール・ザン・レール(空中で回転する動き)を連続3回もされたのには、フィギュアスケートの連続ジャンプかいっ!と突っ込みを入れたくなりましたわ・・・・。

パワフル組に対して、エレガントな魅力を見せてくれたのはカプツォーワ。
彼女も大好きなダンサーです。「スパルタクス」のフリーギア、良かったなぁ・・・・。
パワフルなダンスシーンの後に挿入された、カプツォーワとサビン(=アデリーヌとジェローム)が踊るアダージオは美しく効果的でした。

このアデリーヌとジェロームのカップルは、貴族と農民という身分違いの恋に落ちるわけですが、これが最後に悲劇となります。

革命により、貴族は次々と処刑。その中には、アデリーヌの父親であるボールガール侯爵の姿が。
アデリーヌはジェロームが止めるのも聞かず、父親に駆け寄ります。
アデリーヌが貴族だとわかると、民衆からは「アデリーヌも処刑しろ!」と声が上がり、アデリーヌはギロチンの露と消えてしまうのです。
ラストはアデリーヌの首を抱きしめ、悲しみにくれるジェローム。そしてジャンヌ&フィリップたち、民衆が前へ突き進んでいく光景で終わります。(上の写真)

まさかアデリーヌが処刑されてしまう結末になるとは思わなかったので、このラストはショッキングでした。

全体的に、とってもパワフルで圧倒されっぱなし。ジャンヌ役のオシポワの身軽さを活かしてか、アクロバティックな動きも多用されていました。
ジャンヌ役はアレクサンドロワも踊るようですが、彼女がこのアクロバティックな振付をこなすと、また迫力が違うんだろうな〜。
ボリショイは女性もパワフル。本当によく動きます。

ただ、1幕にあるベルサイユ宮殿での宮廷舞踊シーンは少々長く感じました。
ここではアントニーチェワが女優役で出演していたので注目しましたが、あまりパッとしませんでした。
彼女は並み居るボリショイの美脚ダンサーの中でも、大変美しい脚を持つダンサーとして有名ですが、1幕の衣装ではレッグウォーマーのようなものをつけていて、美脚がよくわからず残念。
さらに、宮廷ダンスという枠の中で踊っているせいか、あまり踊りにも惹きつけるものが感じられませんでした。

2幕の後半に女神のような衣装で再び登場。ドラクロワの「民衆を率いる自由の女神」を思わせました。
ここでは自慢の美脚が見られましたが、雰囲気自体にはやはりあまり魅力を感じられませんでした。
期待していただけに残念。

劇中劇でアモールを踊っていたクリサノワは、「明るい小川」にも出演していましたが、わりと好きなタイプかも♪

このバレエ、キャラクターダンスも堪能できるのですが、その点では2幕はかなり見応えがあります。

以前ご紹介していたビデオが削除されていたので、以下編集しています。(2010.8.2)


2幕にあるフィリップ、ジェローム、ジャンヌの踊りが大好き!
ワシーリエフもオシポワもカッコいい!!


キャラクターダンスのレッスンを以前見せていただいたことがありますが、ロシア人の先生が、
「全然踊っているように見えない。もっと大きく動いて!」
とよく仰っていました。
生徒さんたちは精一杯踊っているのですが、それが伝わらないんです。
このボリショイのダンサーを見て、「そりゃそうだわ・・・」と思いました。
女性でもこんなに大きく、そしてアクセントを効かせて踊らないといけないんですね。

最後にガラ公演などで有名なグラン・パ・ド・ドゥが見られる映像を貼っておきます。
ワシーリエフ、すっかり逞しくなったわ〜
オシポワのフェッテはすごいねー。速いだけじゃなくて、軸がぶれないんだもん。


次回のボリショイ来日公演には、是非この「パリの炎」を持ってきてくださいっ!!
オケも迫力あるし、絶対生で観たい!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス
かわいい

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、全幕なんですね!? GPDDはガラなんかで良く観ますが、ヤングスター向けの印象ありました。 全幕観たいわ〜♪

ボリショイは躍動感が良いですね〜! でも、ロシアバレエのディテイルがきっちりしていて美しい。 アナニアシュヴィリのABT引退後、オシポーヴァには期待大ですわ〜♪

ラトマンスキー氏、冬にはABTのニュープロダクションの”くるみ”を振付ます! 楽しみ♪
花宴
2010/04/28 13:44
■花宴さん
全幕上演珍しいですよね!
これ、METのHD企画のように、映画館で生中継されたみたいなんです。
きっとアメリカでも放送されると思うので、その時は是非見てください!
DVDにもなるんじゃないかな?
オシポワ&ワシーリエフ、いいコンビです!
そして、ボリショイ万歳!
娑羅
2010/04/28 22:21
見たかった・・・・
私、以前、キャラクター・ダンスをロシア人の先生に、習っていました。
今、あまり踊れる人、少ないかも・・・・
その頃、chacottで、video を、売っていました。
じっくり見ていました。
アクセントのつけ方が、難しいかと・・・・
yuko
2011/02/02 14:46
■yukoさん
おぉ〜、キャラクター・ダンスをロシア人の先生に!
それは本格的ですね〜。
仰るように、アクセントのつけ方が非常に難しいと思います。
娑羅
2011/02/02 22:36
いまコンクールで練習してます
あんなふうにおどりたいな〜
りお
2011/12/23 11:50
■りおさん
コンクールに出られるのですか!すごいですね!
理想を描きながら練習するのは、とてもいいことだと思いますよ。
いい結果が出るといいですね
娑羅
2011/12/23 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【TV】ボリショイ・バレエ「パリの炎」 Impression/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる